このページではルイボスティー(ルイボス茶)の成分がうんぬんではなく、一般的にどのような効能があると言われているか説明しています。

基本は抗酸化効果であったり、栄養素、ノンカフェインという部分から各効能をまとめています。特に玉ねぎにも含まれている「ケルセチン」という成分は非常に珍しく、ルイボスティーの効能の重要な部分を支えています。
玉ねぎならよく食べてますよ!って思うかもしれません。
しかし、この「ケルセチン」の効能は非常に優れていて「関節痛」「血管の正常化」「母乳の不足改善」などすごいポリフェノールの一つなのです。
このルイボスティーの効能のおかげで他の成分も体内で生きていくんです!

目 次

南アフリカの恵み|ルイボスティーとは

ルイボスティーは南アフリカでしか育ちません。またルイボス茶とも呼ばれています。
強力な抗酸化成分のSODを含んでいる事がわかり注目されるいます。SODとは人間の老化の原因といわれている活性酸素を除去する酵素です。
このSODは人間の老化を防ぎ、体を若々しく保つので、長生きして長寿になると言われている「奇跡のお茶」なのです。
老化を防ぐことによってさまざまな効果効能があります。

こちらでは様々な効果をわかりやすく紹介したいと思います。現在の南アフリカのルイボスティーの効果はどのようになっているか、
NHKでルイボスティー(ルイボス茶)の効果の特集が放送されています。

最近の投稿